スマートフォンの問題点として挙がる料金形態

スマートフォンの現在抱える大きな問題点

しかし大きな問題もスマートフォンは抱えています、簡単に情報や意見を公開、拡散できるようになった反面、ヘイトスピーチや罵詈雑言、常識をわきまえない暴言なども野放しになり、検閲がネットには存在しないため炎上や風評被害が増大している事態です。
しかも悪い拡散もスピードが異常に早いのでいったん炎上してしまうと火を消し止めることすら困難な状態に陥ってしまうことです。
これを抑止する力は今現在発見されておらず、何が本当の情報なのかすら判別のつかない状態に現在我々はいるわけです。
これは実際は国全体の問題として政府が取り組まなくてはいけない問題であるにもかかわらず、政府はいまだ野放し状態のまま放置している始末です。

高料金に苦しむスマホユーザー

また利用するユーザーに対しての問題も無視できない問題になっています、異常に高額な利用料金の問題です。
スマートフォン自体が多すぎる機能を搭載しているために本体価格が異常に高く、販売店側は通信料との分割払いを推奨してユーザーに分かりずらくしていますが、実際はとんでもない金額をスマートフォンに費やしている訳で、この異常な問題は見逃すわけにはいきません、現在携帯各社がようやく値下げ方針を打ち出していますが焼け石に水程度のプランでしかなく、常識が問われている状況です。
このような高料金を支払いながら故障してしまえば新型に買い替え、また高額な本体を購入してスマートフォンを使い続けるユーザーへの負担は大きいものになってきています。 


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る